ゆるーくベビ待ちの記録(*´ω`*)            

2010年1月に結婚。結婚後早めに治療を始めたものの色々あって治療ストップ。                                期間が空いて2016年から治療再開。タイミング→AIH→ICSIと順調に(?)ステップアップ。                          2017年10月3回目の移植で陽性。胎嚢・心拍確認出来たので不妊治療専門病院を卒業しました。

BT33(7w3d)不妊治療の病院を卒業。母子手帳もらってきました。不妊治療費のおおよその金額も。

病院行ってきましたー。

今回も心拍確認だったわけですが、

私もわかるように胎芽の中がピコピコと動いていました。

でも、サイズはあんまり変わってなかったような。

まぁ、いつも同じ場所を同じように見てるわけじゃないので、

気にしなくてもいいのかなと思ったり。

もっと大きくなってくれば、話は違ってくるんでしょうけど。

 

先生からも順調ですよとのお言葉をいただき、

その場で紹介状を書いてもらい、病院は最後の通院となりました。

判定日も胎嚢確認しても心拍確認しても、

紹介状書いてもらってもイマイチ実感がなくて、

診察の時は終始ポカーンとしてたんですけど、

最後はちゃんと挨拶をしなくてはと思い、

先生に「ありがとうございました。お世話になりました。」と伝えたら

マスク越しにニッコリしてくれたような感じで、

そこで「あぁ妊娠したんだ・・・」とやっと思えました。

ここに長く通うのはいいことではないんだけど、

ちょっと寂しくなりましたね・・・。

先生はご高齢なので本当にいつまでも健康でいて欲しいです。

 

 

 

 

その足で不妊治療の助成金申請と母子手帳交付へ。

助成金申請は慣れた作業で淡々と(^_^;)

母子手帳の交付は説明がいっぱいあって・・・。

それも、産まれた後のことが多いんですね(^_^;)

覚えていられるかわかりませんが・・・そもそも出産までいけるのか・・・。

そうは言っても今聞いておかないといけないので、

うんうんと聞いていました。

 

 

 

 

それから、ICSIにチャレンジした今年の不妊治療費。

我が家の場合は約120万になりました。

(採卵2回、移植3回。他注射やら投薬やら検査やら)

ここに助成金(初回30万+2回目15万+凍結胚移植7.5万)があるので、

半分より少ないくらいは助成されたことになるんでしょうかね。

 

これは安く済んだ方だと思います。

とはいえ、このお金をかけなくても妊娠出来る身体でいたかったとは思いますが。

 

結婚して7年。

治療は間が空いたりしましたが、通算すると約1年半。

ICSIにステップアップしてからはキツかった・・・。

AIHに比べて期待値が全然違うから、ダメだった時の落差が酷かった。

お金も万単位で飛んでいくしね・・・。

そして結果が努力や金額、時間に比例しないのも、

不妊治療のシンドイところです。

 

 

 

 

 

ということで、どこまでいけるかはまだ未知数ですが、

このベビ待ちブログは一旦終了しようかと思います。

通りすがりに見てくださった方々、ありがとうございましたm(_ _)m

次にここに書く時は出産した時だといいな!